瞑想と熟睡について

いつもありがとうございます。
インストラクターの優です^_^

いよいよ本格的に寒くなり、朝起きにくくなってきました。

ベッドの中暖かいし、もう少し寝ていたいって思いますよね[みんな:03]

そのうちついウトウトしちゃって

気がついたら時間だけ5分進んでるとか

まるで時間と空間を超越した瞑想の感覚のようです笑

瞑想中の脳波はデルタ波という、熟睡時の脳波になっているそうです。でも起きている状態です。

瞑想から戻ると時間だけが過ぎていて、瞑想中の感覚は覚えていないとか。

気分だけがふわふわ良い気分なのだそうです。

熟睡して夢も覚えていない時の、起きた感覚みたいですよね?

熟睡は寝てるから瞑想にはなってないけど[みんな:01]
二度寝の心地良さや電車のうたた寝の心地良さって瞑想と同じ脳波になって魂も癒されているんじゃないかって思います。心身は確実にリラックスしてます。

電車で魂抜けたみたいになってる人を見ると、魂が大いなる存在に帰ってるんじゃないかと思います笑

瞑想の達人になってくると、日常生活中もデルタ波が出てるそうです。

心地良さそうですよね!

睡眠の心地良さが好きな方、私と一緒に瞑想を極めてみませんか?[みんな:02]

ちなみに、瞑想して三昧(瞑想の最終段階)になっているときは、他人と自分を肌という境界線で分け隔てない、主体だけの世界になっています。
非二元性の世界です。無償の愛で満たされ、満たす存在そのものでもあります。
個人の記憶や経験から物事の意味づけをする脳(物質界のもの)を経てその感覚は味わえず、魂で直接感じます。理解するというよりも思い出す、という感じでしょうか。
だから瞑想しても頭で思い出したり言葉では表現できないんだけど、がんばって上記のように色々な表現で伝えられています。

日常で少しでも無償の愛の気持ちを忘れずに過ごせるようになりたいものです。

魂、そして心と体のバランスがとれますように。そのお手伝いができるようにレッスンが出来ればと思います。

またお待ちしています[みんな:04]


コメントを残す